hiroshi

バイオジェニックス

乳酸菌生産物質の正体

乳酸菌生産物質は、そのほとんどが短鎖脂肪酸です 短鎖脂肪酸 短鎖脂肪酸(たんさしぼうさん)は、炭素数6以下の脂肪酸であり、 具体的には酢酸、プロピオン酸、イソ酪酸、酪酸、イソ吉草酸、吉草酸、カプロン酸、乳酸、コハク酸を指します。 但...
安保徹

透析になりたくなければ医者にかかるな!? 武田・安保見解一致。

下記は、敬愛する安保徹先生の2013年6月19日(星陵会館)の講演の書起こし(一部)です。 今から15年位前、透析に入っている人の人数を見たら10万人でした。 丁度その頃一年に一万人位患者が増えてるというので...
安保徹

1.ガンは強いストレス状態で発生するが、新しい免疫学で退治できる

 by 新潟大学大学院医学部教授 安保 徹 ガン患者のほとんどは強いストレスを自覚 「福田ー安保理論」に沿って見ていくと、 現在、死亡原因の30%を占めているガンも、 本来は決して不治の病ではないことが理解できます。 ...
安保徹

2.働きすぎ、悩みすぎ、薬の飲みすぎが免疫力を低下させ病気を呼ぶ

by 新潟大学大学院医学部教授 安保徹 病気になるかどうかは心の持ち方にある 白血球はその95%を顆粒球とリンパ球が占め、 血液中を循環しながら、 外界から侵入した異物や、 体内で発生した異常細胞を排除・処理しています。 ...
安保徹

5.腸の免疫力を高める食事法(Ⅱ)

by 新潟大学名誉教授 安保徹 自律神経を整え、免疫力を高める食事法をご紹介いたします。 免疫力を高める食事① 玄米・発酵食品を中心に 玄米には炭水化物、たんぱく質、脂肪、ビタミンB郡、ミネラルなど、 必要な栄養素のほとんど...
安保徹

4.体を統合的にとらえ病気を根本的に治す「新しい免疫学」

by 新潟大学大学院医学部教授 安保 徹  分析ばかりして治療に役立たない医学 民間療法や代替療法などを紹介するさい、 「免疫力」という言葉がよく使われます。 免疫とは、病気から身を守るために体に備わる自己防衛システムで...
安保徹

3.腸の免疫力を高める食事法 by安保徹

便通がよくなれば免疫力も高まる 病気が起こるしくみがわかれば、治癒への道も見えてきます。 ストレスによって乱れた自律神経を、 正常な働きに回復させればよいわけです。 まずは薬の常用をやめて、 ストレスから逃れる努力をしまし...
安保徹

6.血流をよくし自律神経を整え膝痛から腰痛、五十肩まで治す

ゆっくり体を動かせば免疫力は向上する 食事で消化管を動かすこと以外にも、 日常生活のなかで効率よく自律神経のバランスを整え、 免疫力を高めていくコツがあります。 ここでは運動の効用を中心に、 その方法をご紹介していきます。...
安保徹

7.【安保徹】白血球の自律神経支配の法則

「自律神経が白血球を調節する」 これは、安保徹先生が世界で初めて発表した理論です。 白血球が自律神経を支配するパターンは、2通り(AとB)に分けることができます。 Aパターン(交感神経系) 交感神経が優位になると、アドレ...
田中保郎先生の動画

03-04 腸と脳を元気にする