6. 健康に関するQ&A

汚れた腸や腸内に停滞した便をそのままにした状態では、
悪玉菌が増え美容や健康の大敵です。
また「老化は腸から始まる」とも言われています。

Q、 腸内細菌って?

A、 健康な人の腸内には100種を超える、およそ100兆個もの腸内細菌がバランスよく住み着いています。
その全てを集めた重さは、1kgにもなると言われています。
この腸内細菌が消化を手伝い、肝臓のサポートをしているため、
「もう一つの臓器」とも呼ばれてるほど重要な働きをしています。

Q、腸を綺麗にすると「ダイエット効果」があるってほんと?

A、宿便があると、どんなに栄養価の高い食品を摂っても100%は吸収することができません。
その結果、栄養不足であると脳が判断を下し、かえって過食になってしまうのです。
ダイエット失敗の本当の理由はここにあったのです。
綺麗な腸を維持すればダイエット効果も高まるわけです。

Q、吹き出物や肌荒れが気になるのですが?

A、皮膚は消化器の延長と捉えることができます。
腸内環境が悪化すると当然に皮膚にも影響がでるわけです。
その結果、吹き出物や肌荒れといったお肌のトラブルにもつながってきます。

Q、善玉菌ってどんなもの?

A、善玉菌とは乳酸菌やビフィズス菌などのことで、乳酸や酪酸などの多くの有機酸を作り出します。
この有機酸が腸の活動を活発にし、栄養素の消化吸収及び分解を促進します。
また腸を刺激し速やかな排便を助けています。

Q、悪玉菌ってどんなもの?

A、悪玉菌は、腸内の食物や便を腐敗させ、体内毒素、体内の老廃物、腸内のフェノール、ニトロソアミン、インドールや発ガン物質など多くの有害物質を作ります。
その有害物質や増加した腸内の悪玉菌が腸壁を覆う粘膜を破って体内に漏れる現象の事を「リーキーガットシンドローム」と言います。

Q、腸が汚れているとなんで病気になる?

A、悪玉菌いっぱいのお腹の汚れからは、活性酸素などの有害物質が発生します。
また、腸は自律神経系、内分泌系の血液循環などとも関係が深く、
ドロドロ血液や血管の老化の誘因にもなっています。

Q、腸が老化するってどういうこと?

A、腸の老化とは、臓器そのものの衰えでなく、
加齢と共に腸内環境が善玉菌優勢から悪玉菌優勢に変化していく状態と考えられます。

Q、理想の便ってどんな感じ?

A、色、形、重さ、匂い、固さがそろった便が好ましく、軽くて水に浮きやすく黄色い便がベストです。
これは、腸内細菌が増殖している最中に適度にガスが発生し、便の中に気泡ができているために大きさが増えて浮きやすくなるからです。

タイトルとURLをコピーしました