3. 長く続くなら専門医へ

便秘は、腸管の炎症や腫瘍、甲状腺機能の低下などの病気によっても起こります。
下痢は、腸管の炎症、ウイルスや細菌による疾患、分泌液の異常、糖尿病や膠原病などによっても起こります。

たかが便秘、下痢と軽く考えて放っておいたために症状が悪化することもあるだけに、
原因に思い当たることがなかったり、
便秘や下痢が長く続くようなら、
専門医で早めに診断を受けることをすすめます。

タイトルとURLをコピーしました