1. 慢性便秘には2つの種類、食事も逆の対応が必要

便秘というと、一般的には、ただ便通が2~3日おきにしかない状態のことだと思われています。
しかしホントは、排便回数が少ないだけでなく、便がとても固くなり、腹痛や排便するときに苦痛を感じる状態のことを指しています。

便秘には十二指腸潰瘍や腸閉塞といった病気によっておこる急性便秘と、特に病気がないのに起こる慢性便秘とがあります。

一般に多い慢性便秘には、弛緩性便秘と痙れん性便秘とがあります。

 

弛緩性便秘

弛緩性便秘は大腸の緊張が低下したり、大腸運動の力、特に腹筋の筋力が落ちているために排便機能が低下するもので、日本人の慢性便秘の70%ほどは弛緩性便秘だといいます。

弛緩性便秘は便量を増やして、腸への刺激を高めることで改善していくことができます。
そのために役立つのは食物繊維です。

牛乳には消化されにくい乳糖が含まれていますが、日本人は成人になると乳糖分解酵素が減っていく人が多いので、便を軟らかくするのには役立ちます。

 

痙れん性便秘

痙れん性便秘はストレスや過労などで神経障害を起こし、そのために大腸が痙れんして便通が阻害されて起こります。

痙れん性便秘は腸に対する刺激が強くなると、かえって症状が悪化するので、食物繊維の多い食品や冷たい牛乳は避けなければいけません。

アルコール飲料やカフェイン、炭酸類は弛緩性便秘の場合には普通に摂っても特に問題ありませんが、痙れん性便秘の場合には禁止されます。

タイトルとURLをコピーしました