5.  腸内フローラと乳酸菌生産物質の関係

「腸内フローラ」は常に善玉菌優勢であることが望ましい……

とはいっても、
加齢や現代的食事習慣のもと
善玉菌優勢の腸内を維持するのは簡単なことではありません。

では、どうすれば良いのでしょうか?!

 

乳酸菌生産物質について

腸内フローラに住んでいる乳酸菌やビフィズス菌は、
日々、ヒトの健康に寄与する成分を作りだしています。
この成分が、乳酸菌生産物質です。

本来は人間の営みとして体内で作られる「乳酸菌生産物質」を、
体外で効率良く作り出す試みが行われております。

もし、腸内フローラで作り出されている乳酸菌生産物質と同様のものを、
体外で作り出すことができれば、
人間の腸内フローラを常に正常に維持したり、
病気や老化により劣化した腸内フローラの修復を助けることができます。

 

腸内フローラにおける乳酸菌生産物質のはたらき

乳酸菌生産物質を摂取すれば、
善玉菌が不足していても、
腸内フローラを正常化することができ、
腸内フローラの力を借りずに人間の細胞に直接働きかけ、
健康を回復維持することができるとも考えられています。

腸内フローラにおいては細菌同士が常に共棲状態にあり、
ヒトの腸に付着して腸壁との共生関係も保っています。

その代表的な善玉菌種がビフィズス菌や乳酸菌です。

腸内には数種の善玉菌が共棲しており、
その共棲グループ同士が力関係を維持して良好な腸内環境を作り出します
(今風に言えば「善玉菌のシェアハウス」!?)

この運命共同体ともいえる腸内細菌の世界は、
ヒトが生まれた時から死に至るまで、
その場所に定住するグループなので、
後から新しい菌種(同一の菌種であっても)が参加することはできません。

しかし、乳酸菌生産物質は生き物ではありませんから、
これに加わることができます。

すなわち、体外で限りなく腸内に近い環境で、
数種の乳酸菌グループを共棲培養させて得られた
代謝産物や菌体成分(死菌)を、
腸内フローラに参加させることができるのです。

これらは腸内フローラに良い影響を与えて、直接、腸壁からも体内に吸収されます。

 

バイオジェニックスについて;

通説によれば、乳酸菌は生きて腸まで届き、お腹で増えて腸内環境を改善します。
また、その代謝物質が体内に吸収されます。

ところが、腸内細菌研究の第一人者である光岡氏らの研究によれば(学説)、
乳酸菌は胃酸などで死滅させられるため、ほとんど生きて腸まで到達いたしません。

また、生きて到達することができた菌も、
先住民である善玉菌により阻害されるため定着することはできません。
勿論、腸内で増えることもできません。

ところで、バイオジェニックスとは、
「体全体に直接作用し、腸内の免疫機能(腸管免疫)を刺激したり、
コレステロール・血糖・血圧を安定させたりして生活習慣病や老化を防止する食品成分の総称」
です。

プロバイオティクスやプレバイオティクスが主に腸内フローラを改善して
さまざまな保険効果を示すのに対して、

バイオジェニックスは
「死菌を含めた乳酸菌の菌体成分が腸管免疫を刺激することで生体活性を促し、
腸内フローラにも好影響を与える」ことになり、
一度に高濃度の菌を摂取すると腸管免疫を直接刺激するので、
より大きな効果を期待できます。

生菌を多く取ろうとすると、ヨーグルトや乳酸菌飲料の大量摂取が必要ですが、
バイオジェニックスの発想により「死菌でも構わない」とすると、
長期間発酵させた乳酸菌生成物を加熱処理し、錠剤などにすることも可能です。
そうすれば兆を超える単位の菌が簡単に摂取できるようになります。
これが乳酸菌生産物質なのです。

薬剤にすれば体調が悪いときや病気の予後に使え、
サプリメントにすれば体調維持に使えます。

プロバイオティクスから始まった日本の機能性食品の研究には、
バイオジェニックスへとたどり着いたことで、
新時代が到来したことは確かなようです。

タイトルとURLをコピーしました