4.  乳酸菌生産物質とは?

乳酸菌生産物質とは何か?

乳酸菌生産物質とは、
我々の腸内に生まれたときから棲み着いている善玉菌が、
腸内で毎日作り出している、
ヒトが健康に生活していく上で必要不可欠な物質のことです。

これは、主にビフィズス菌や乳酸菌等によって作られています。

乳酸菌生産物質は「乳酸菌代謝産物」とも言われ、
腸内細菌のバランスを正常に保持し免疫等に関与して、
ヒトの健康を維持しています。

細菌は、生まれてから死滅するまでの間にいろいろな物質を体外に放出します。
このような物質を「代謝産物」「分泌物」と呼びます。

「代謝」の語句で表現されているように、
何かを食べた代わりに、
まったく別の「特別な物質」を放出するようなイメージです。

例えば、蚕は桑の葉を食べて「繭(マユ)」を作りますが、
もともと「繭」は、蚕にも桑の葉にも存在しておらず、
蚕が桑の葉を食べたときにだけ放出される物質です。

これと同じように、乳酸菌生産物質は、
乳酸菌が作り出す「代謝産物」であるとお考えください。

 

図解で見る乳酸菌生産物質

乳酸菌生産物質は本来、下の図にあるように体内で作り出されています。
図のように、体内工場を模した生産現場を設け、乳酸菌生産物質をつくります。
その仕組みについては、この図をご覧ください。



この図は、光英科学研究所における乳酸菌生産物質の製法を示しています。
(光英科学研究所ホームページより転載)

 

なぜ敢えて体外で作るのか?

上の図について、補足説明をさせていただきます。
ヒトの健康に不可欠である乳酸菌生産物質を作るのは、腸内細菌です。

ヒトの腸内には100種類以上100兆個の腸内細菌がいて、バランスを保っています。
人間の細胞が60兆個ですから、ヒトを形成している細胞よりも多く、
重量としても1kg以上もあります。

それら腸内細菌のうち、
善玉菌といわれるビフィズス菌などの細菌が作る代謝産物が「乳酸菌生産物質」であり、
ヒトの健康に必要不可欠な物質です。

しかし、食生活の変化や加齢により、
私たちの腸内の善玉菌の数が少なくなりがちです。

このとき常識的な考えでは、
「ヨーグルトなどの乳酸菌を含む食べ物を食べればよい」
と、なります。

ところが、仮にヨーグルトを毎日100g(菌数にして100億個位)食べてみても、
我々の腸内細菌の数の10万分の1程度でしかありません。

また、外から取り入れた菌は腸内でなかなか増殖させてもらえず、
単に通過するだけとなってしまいます。

したがって、乳酸菌生産物質を作ってくれる善玉菌を
補い続けることは難しいのです。

よって、善玉菌を十分に補い続けることはできず、
体内工場である腸において、
乳酸菌生産物質を効率よく作り続けることはできません。

そこで、乳酸菌生産物質を体外で作り、体に取り入れるわけです。

体外において、ヒトの腸内常在菌から善玉菌を選抜したものをグループにして、
栄養素、温度など腸内と同じ環境を作り出しそこで培養し(これを共棲培養といいます)、
ヒトの腸内細菌が生み出すものに限りなく近い代謝産物(=乳酸菌生産物質)を作り、
経口摂取してもらうことにより、
ヒトの健康に寄与するわけです。

体外で乳酸菌生産物質を作るときは、
選りすぐりの「エリート菌」である乳酸菌を組み合わせます。

このようにして、体外で乳酸菌生産物質をつくり出します。

再度申し述べておきますが、乳酸菌生産物質は、ヒトが健康に生活していく上で欠かせないものなのです。

 

バイオジェニックスについて;

通説によれば、乳酸菌は生きて腸まで届き、お腹で増えて腸内環境を改善します。
また、その代謝物質が体内に吸収されます。

ところが、腸内細菌研究の第一人者である光岡氏らの研究によれば(学説)、
乳酸菌は胃酸などで死滅させられるため、ほとんど生きて腸まで到達いたしません。

また、生きて到達することができた菌も、定着することは許されません。
さらに腸内で増えることもできません。

ところで、バイオジェニックスとは、
「体全体に直接作用し、腸内の免疫機能(腸管免疫)を刺激したり、
コレステロール・血糖・血圧を安定させたりして生活習慣病や老化を防止する食品成分の総称」
です。

プロバイオティクスやプレバイオティクスが主に腸内フローラを改善して
さまざまな保険効果を示すのに対して、

バイオジェニックスは
「死菌を含めた乳酸菌の菌体成分が腸管免疫を刺激することで生体活性を促し、
腸内フローラにも好影響を与える」ことになり、
一度に高濃度の菌を摂取すると腸管免疫を直接刺激するので、
より大きな効果を期待できます。

また生菌を多く取ろうとすると、ヨーグルトや乳酸菌飲料の大量摂取が必要ですが、
バイオジェニックスの発想により「死菌でも構わない」とすると、
長期間発酵させた乳酸菌生成物を加熱処理し、錠剤などにすることも可能です。
そうすれば「兆」を超える単位の菌が簡単に摂取できるようになります。
これが乳酸菌生産物質なのです。

薬剤として体調が悪いときや病気の予後に、
あるいはサプリメントして体調維持に、
使えるようになるでしょう。

プロバイオティクスから始まった日本の機能性食品の研究には、
バイオジェニックスへとたどり着いたことで、
新時代が到来しております。

タイトルとURLをコピーしました