2.  乳酸菌生産物質はバイオジェニックスの代表格です

乳酸菌生産物質は、ビフィズス菌や乳酸菌が人の腸内で毎日生産している物質です。
すなわち、善玉菌が腸内で作り出している機能性食品のことです。

乳酸菌生産物質は、
プロバイオティクス、プレバイオティクスおよびバイオジェニックスからなる、
乳酸菌に関連する機能性食品のなかで、バイオジェニックスに分類されます。

バイオジェニックスは、下表の通り、
腸内フローラを介することなく身体に直接作用することもできます。
この点で、
腸内フローラを介してしか働くことができない、
プロバイオティクスやプレバイオティクスとは大きく異なります。

3者の違いを示す一覧表biogenics2

biogenics01biogenics02biogenics5

 

プロバイオティクスとは、
人の健康に働きかける生きた微生物(細菌や酵母など)のことです。

ところが、プロバイオティクスは実は、胃酸などによりほとんど死滅させられてしまいます。
万一、小腸・大腸にまで到達できても、今度はそのほとんどが先住民である腸内細菌により拒絶され、やはり死滅させられます。

もっとも死滅したからといって、無駄になるわけではありません。
後述のプレバイオティクスと同様に善玉菌の餌となり、腸内フローラを善玉菌優勢にさせます。

ただし、これはプロバイオティクス的効果とは言えず、バイオジェニックス的効果と言うことができます。

対して、バイオジェニックスは、腸内フローラを介さずとも多種・多様な働きを体にもたらす食品成分なのです。

バイオジェニックスは、体全体に直接作用することで、腸内の免疫機能を活発化したり、コレステロールや血糖や血圧を安定させたり、活性酸素を減らす働きがあります。

したがって、バイオジェニックスこそが、
「生活習慣病や老化の防止に有望だ」
という考え方が広まりつつあります。

特に、乳酸菌の作り出す物質(即ち乳酸菌生産物質)は、
直接腸内の免疫機能を刺激することで体全体の機能活性を促し、
結果的に腸内フローラにも良い影響を与えます。

 

ここで、是非、考えていただきたいことがあります。

プロバイオティクスとプレバイオティクスは、
腸内フローラを介して、人の健康に働きかけております。

対して、バイオジェニックスは、
腸内の免疫機能を介することなく働くこともできるということです。

例えば、花粉症対策としてヨーグルトが有効であるといわれております。
これはその通りであり、ヨーグルト(プロバイオティクス)の摂取は、
腸内の善玉菌の増加を促しますから、花粉症に対する免疫力を向上させる可能性があります。

つまり、プロバイオティクスやプレバイオティクスの摂取により、花粉症に対する免疫力を向上させることができるかもしれません。

ところが、花粉症を発症するということは、
本来、花粉症に対する免疫力が弱い腸内フローラの宿主である可能性があります。
つまり、腸内フローラ中の善玉菌、悪玉菌の数は大きく変動いたしますが、
その菌の種類は生涯変わりません。

花粉症を発症した人(宿主)は、
花粉症を発症しやすい腸内フローラの持ち主であるかもしれないのです。

だから、ヨーグルトを摂取することにより花粉症に対する免疫力を向上することを試みるよりも、
バイオジェニックスの摂取により、腸内フローラを介することなく、直接的に花粉症に対する免疫力を向上させるほうが確実性があるのです。

この乳酸菌生産物質は、
人間の健全な腸内環境を人為的に作り出した環境下、
つまり“研究室や工場”で作りだすことができます。

すなわち、乳酸菌生産物質は体外で作り出すことができます。

なお、プレバイオティクスは、腸内に棲みついている善玉菌の増殖を促し、
腸内フローラのバランスを整える食品成分のこと(簡単に言うと善玉菌の餌になるもの)で、
腸内フローラを善玉菌優勢にさせるものです。

 

バイオジェニックスの機能性食品としての作用機序

上述の免疫機能の活発化(=免疫刺激)による体全体の機能活性は、
下図のような作用メカニズムで表すことができます。

biogenics

バイオジェニックスを中心に捉えてみると、腸内フローラ改善と免疫刺激が、
相互に影響し合いながら生体機能活性を高めていくことが分かると思います。

 

バイオジェニックス(特に乳酸菌生産物質)は、
プレバイオティクスやプロバイオティクスとは違って、
これまでの腸内フローラ改善だけに留まらない生体機能活性をもたらす特性を有しています。

 

乳酸菌生産物質は、プロバイオティクスの進化した形であり、
プレバイオティクスなどと組み合わせて摂取することにより、
生活習慣病予防や代替医療、健康維持、長寿に貢献いたします。

タイトルとURLをコピーしました