1.  乳酸菌に関連する機能性食品の分類

 

乳酸菌に関連する機能性食品は、
プロバイオティクスとバイオジェニックス、
およびプレバイオティクスに分類されます。

プロバイオティクスは、
「十分な量を投与すれば宿主の健康に利益を与える生きている微生物
と定義されています。

すなわち、プロバイオティクスには、
ヒトや動物に良い効果を示す生菌しか含まれず、
乳酸菌の死菌やその産生物質は含まれません。

 

一方、バイオジェニックスは、
腸内細菌研究の第一人者である東京大学名誉教授の
光岡知足先生によって提唱された造語です。

すなわち、バイオジェニックスは、
直接、あるいは腸内フローラを介して、
・ 免疫賦活
・ コレステロール低下作用
・ 血圧降下作用
・ 整腸作用
・ 抗腫瘍効果
・ 抗血栓
・ 造血作用
など、
生体調節、生体防御、疾病予防・回復、老化制御等に働く
食品成分と定義されています。

 

なお、プレバイオティクスは、
善玉菌の餌になり善玉菌を増やして腸内環境を改善するものです。

 

プロバイオティクスとバイオジェニックスの違い

プロバイオティクスの概念を着想したのは、
ロシアの微生物学者:イリヤ・メチニコフ博士(1845-1916)です。

イリヤ・メチニコフ博士は、
乳酸菌は生菌・死菌のどちらでも効果があると指摘していました。

100年以上前に、
死んでしまった乳酸菌にも良い効果があることは知られていたわけです。

 

乳酸菌の菌体や菌の産生物質のバイオジェニックス的な効果

プロバイオティクスは生きた微生物であり、
その効果は当然生きた微生物による効果に限定されます。

これに対して、
バイオジェニックスには死菌や微生物の産生物質も含まれますから、
その効果はプロバイオティクスよりも広範囲に及びます。

特にバイオジェニックス的な成分として話題になるのは
乳酸菌・ビフィズス菌などの菌体 自体と、乳酸菌・ビフィズス菌の生産物質です。
(これを、狭義のバイオジェニックスと称します)

 

乳酸菌・ビフィズス菌の菌体自体による効果

乳酸菌の「菌体」自体に、
免疫を強化したり、
免疫調整作用(抗アレルギー作用)が
見つかっているものがあります。

これらは、「菌体」による作用なのですが、菌が必ずしも生きている必要はありません。

 

乳酸菌・ビフィズス菌が産生する物質による効果

菌体外多糖を産生する菌

乳酸菌・ビフィズス菌のなかには、
例えば菌体外多糖を作り出すものがあります。

乳酸菌の作り出した菌体外多糖には、
免疫力強化作用や抗アレルギー作用、
食物繊維のような働きをしてコレステロール値の上昇を抑制する作用、
などがあるものが発見されています。

これは菌の作り出した物質による作用なので、
これもまた菌の生き死には関係ありません。

 

抗菌物質を作るロイテリ菌

例えばロイテリ菌は、ロイテリンという抗菌物質を作り出します。
これは一般的にヒトにとってあまり好ましくないとされている、
・ グラム陽性菌
・ グラム陰性菌
・ 酵母
・ カビ
・原生動物
・ ウイルス
などの生育を抑制する働きがあります。

このように、
菌体自体や菌の作り出した物質にも、
有用な効果が期待できます。

 

機能性食品の新時代が到来

生菌を多く取ろうとすると、
ヨーグルトや乳酸菌飲料の大量摂取が必要ですが、
バイオジェニックスの発想により「死菌でも構わない」とすると、
菌体の大量摂取が極めて容易です。

また、乳酸菌生産物質に関しては、
長期間発酵させ、加熱処理などの処理をすることにより、
錠剤化、カプセル化なども可能ですから、
薬剤として、あるいはサプリメントとして利用することができます。

そうすれば、
「兆」を超える単位の菌体が簡単に摂取でき、
乳酸菌生産物質の大量摂取も容易になります。

@hiro
@hiro
バイオジェニックスの中でも、とりわけ乳酸菌生産物質には大きな期待が寄せられています。
プロバイオティクスから始まった日本の機能性食品の研究には、
今、バイオジェニックスへとたどり着いたことで、
新時代の幕が拓いているのです。
タイトルとURLをコピーしました